シングルマザーの貯金ゼロから始める節約生活ブログ

2016年に離婚、息子1人のシングルマザーになりました。貯金はゼロ円からのスタート。母子家庭になり収入は多くありませんが、生活を見直しコツコツ貯金できるようになりました。お金に関する本は何十冊と読み、ファイナンシャルプランナーという資格も取得しました。節約や貯金など、生活に役立つ情報をお届けできるブログにしていきたいです。

手当貯金節約仕事離婚雑記

日本健康マスター検定の過去問!エキスパートコースの問題集第4弾

f:id:snns1029:20180321195840j:plain

日本健康マスター検定の過去問を探されている方に向けて、実際に試験で出された問題をご紹介したいと思います。私が受験したのは第4回のエキスパートコース。思い出せる限り、10問ずつに分けて連載でご紹介しています。

第4回日本健康マスター検定エキスパートコースの試験問題

試験で使用した問題用紙は回収されてしまうため、実際の問題とまったく同じではありません。その点ご了承ください。問題や選択肢の順序が実際のものと異なっていますが、問題の間隔はつかめます。ぜひトライしてみてください。

 

問題31

喫煙指数の算出方法について正しいものを選べ。

ア 喫煙年数×400

イ 喫煙年数×平均寿命

ウ 1日の喫煙本数×喫煙年数

エ 1日の喫煙本数×年齢

 

問題32

次の文のうち【 】にあてはまる語句を選べ。

喫煙者はタバコを吸わない人に比べて、【  】程度肺がんになりやすいといわれている。

ア 1.5倍

イ 5倍

ウ 400倍

エ 変わらない

 

問題33

次の説明文のうち正しいものを選べ。

ア 15分くらい続けて歩けないのは、歩行速度の低下が原因

イ 片脚立ちで靴下が履けないのは、筋力・バランス能力の低下が原因

ウ 家の中でつまずいたり滑ったりするのは、腰回りの筋力低下が原因

エ 横断歩道を青信号で渡りきれないのは、持久力の低下や腰の疾患が原因

 

問題34

次の説明文のうち正しいものを選べ。

ア 片脚で40cmの高さの台から立ち上がれれば、ロコモの心配はない

イ 両脚で40cmの高さの台から立つことができなければ、ロコモ度1

ウ 片脚で20cmの高さの台から立つことができなければ、ロコモ度2

エ 両脚で20cmの台から立つことができなければ、ロコモ度1

 

問題35

片脚立ちについて、正しいものを選べ。

ア 目を閉じて行う

イ 1日2回を目安に行う

ウ 足をできるかぎり高く上げる

エ 転倒が心配な人は、机やテーブルに片手をついて行ってもよい

 

問題36

腰痛について、正しいものを選べ。

ア 3か月以上痛みが持続するものを「慢性腰痛」という

イ 6か月以上痛みが持続するものを「慢性腰痛」という

ウ 運動は避ける

エ 年齢や性別に関係する

 

問題37

次の文のうち【A】【B】にあてはまる語句を選べ。

日本では長く「少子化問題」が取り沙汰されているが、出生率上昇に成功したフランスと【A】では、養育手当などの経済的支援や育児制度を充実させることで【B】が早くなっている。

ア A 日本 B 第1子の出生年齢

イ A スウェーデン B 第1子の出生年齢

ウ A アメリカ B 結婚年齢

エ A イギリス B 結婚年齢

 

問題38

次の文の【A】【B】にあてはまる語句を選べ。

妊娠中も仕事を続ける女性は多く、職場に遠慮して無理をするケースが少なからずある。こんなときに活用したいのが「母性健康管理指導事項連絡カード」。【A】が【B】に提出することで、妊娠・出産後の女性が働きやすい環境づくりに役立ちます。

ア A 医師 B 事業主

イ A 妊産婦 B 医師

ウ A 事業主 B 市区町村

エ A 妊産婦 B 事業主

 

問題39

次の文の【A】【B】にあてはまる語句を選べ。

【A】とは、妊娠前は糖尿病ではなかったのに、妊娠中に慢性的に血糖値が高くなる状態のこと。【B】は、もともと糖尿病の人が妊娠することで、【A】とは全く異なる。

ア A 妊娠糖尿病 B 糖尿病合併妊娠

イ A 糖尿病合併妊娠 B 妊娠糖尿病

ウ A 妊娠高血圧症候群 B 糖尿病合併妊娠

エ A 糖尿病合併妊娠 C 妊娠高血圧症候群

 

問題40

次の説明文において誤っているものを選べ。

ア 歯の表面に付着するプラークは細菌の塊である 

イ 食べたものの中にある糖分が分解されるとき出る酸によって歯が溶ける

ウ 唾液には、カルシウムやリン酸が含まれており、歯の表面を修復(再石灰化)する働きがある

エ 大人はフッ化物を歯に塗っても効果がない

 

問題31~40の解答

問題31 ウ 公式テキストP129

問題32 イ 公式テキストP129

問題33 イ 公式テキストP138

問題34 ア 公式テキストP140

問題35 エ 公式テキストP142

問題36 ア 公式テキストP146(E)

問題37 イ 公式テキストP153(E)

問題38 エ 公式テキストP157(E)

問題39 ア 公式テキストP159(E)

問題40 エ 公式テキストP171(E)

問題1~10はこちら

問題11~20はこちら

問題21~30はこちら

エキスパートコースはしっかり勉強しよう

日本健康マスター検定のベーシックコースは、もともと健康について興味のある人や健康情報に詳しい人には解きやすい問題ですが、エキスパートコースはしっかり勉強していなければ正解にはたどりつけない問題が多いと感じます。数字や語句をしっかり覚えましょう。